塀には、自然界からの力だけではなく、人為的な力も作用します。さらに、長い年月をかけて、徐々に性能を低下させるものもあります。安全なブロック塀はすべての力に対し抵抗できるものでなければなりません。
塀の役割は、外から作用する力より人々を守り、安心して暮らすことのできる環境をつくることです。塀と私たちが共存できることが大切です。また、狭い国土に生活する我が国では、敷地境界の表示も重要な役目です。
ブロック塀は、厚さに対する高さの比が大きく、超高層ビルよりもスマートです。このため、横からの力に対する抵抗力が小さく、倒れやすくなります。抵抗力を高めるためには、基礎を地中深く埋め込むことが大切です。
高さ1.6m、長さ1mのブロック塀の重さは、320〜400Kgです。例え、その破片であっても、私たちの力で支えられるものではありません。倒壊などにより、高いところから直撃を受けると、重大な事態が生じます。
種々のかたちのブロックがあり、それぞれに役目や使用部位が決められています。用途に応じたものを選んで、使用しましょう。また、透かしブロックを多用すると、塀の強度や耐久性を低下させることがあります。
塀に使用するブロックは、強度が高く吸水率の小さいもの(日本工業規格・C種以上の性能を有するものが望ましい)を使用しましょう。また、ブロック塀の強度・耐久性をより向上させるため、厚さ12cm以上のブロックを使用しましょう。