組織概要

  会長就任あいさつ

  会長写真
 この度、一般社団法人全国建築コンクリートブロック工業会の会長就任にあたり、一言ご挨拶申し上げます。
本年、当工業会は、記念すべき創立60周年を迎えます。
今日まで産学官の多くの皆様方が、「建築コンクリートブロックを国民生活の安心・安全を守る重要な建築資材として普及させ、社会に貢献する」を目標に、渾身の情熱と努力を積み重ねてこられた事に対し、敬意を表しますとともに、心から感謝申し上げます。
 コンクリートブロックは、終戦後まもなくアメリカから不燃の新建材として製造技術が導入され、昭和47年頃にピークを迎えるまで国内津々浦々に急速に普及し、日本の戦後復興と高度成長を支えて参りました。
 オイルショック後は、需要の落ち込みに加えALC板等の普及と共に、ブロック造建築は長期間減少傾向を辿って参りました。しかし、コンクリートブロックは、塀用(エクステリア用途)、土留擁壁用、舗装用(インターロッキングブロック)等様々な分野で発展を続け、全国各地で「地産地消」の重要な建築資材として活躍し現在に至っております。

 創立60周年を迎えるにあたり、建築コンクリートブロックの使命について再確認したいと思います。
 東日本大震災から1年2ヶ月が経過しました。被災された方々には心よりお見舞い申しあげるとともに、復興に尽力されている皆様には安全に留意され、ご活躍されることをお祈りいたします。
 先に全国建築コンクリートブロック工業会は被災地のブロック造建築物調査を実施し、ブロック造建築物およびブロック塀の被害は比較的軽微であったことを報告させていただきました。これは、1978年(昭和53年)の宮城県沖地震の教訓が活かされた事と、翌年に設定された日本建築学会の設計基準が遵守され、耐震性に優れたブロック塀、ブロック造建築が多く存在したことによります。
 
 また、大震災直後の3月14日早朝には、復旧支援物資として「建築コンクリートブロック」の増産供給要請が経済産業省よりなされ、ブロックが改めて「地産地消」の大切な建築資材として再認識されました。
更に、岩手県大船渡市赤崎町では、津波に耐え人命を救ったコンクリートブロック造住宅を記念館として残す活動も進められております。

 会社の寿命は、30年と言われていますので、当工業会は、第3ラウンドのスタートとなります。この60年間、ブロック建築からブロック塀(エクステリア用途)、舗装用(インターロッキングブロック)、土留擁壁用ブロックと経済環境の激変のなか多様化し、さらに最も古い建築資材と言われる「れんが」と共生しながら、地震にも津波にも竜巻にも耐えて、今後も多くの人命や財産を守る貴重な「地産地消」の建築資材として「社会貢献」を拡大する事を皆様に固くお誓いし、ご挨拶と致します。


 
  会長  裄V 佳雄


  沿革

   当工業会の前身である日本コンクリートブロック協会は、昭和28年に「不燃住宅の普及」を目的に設立され、コンクリートブロックのメーカー団体として多様な活動を続けて参りました。
 昭和62年11月28日付で、通商産業省(現経済産業省)生活産業局窯業建材課並びに建設省(現国土交通省)住宅局建築指導課の共同所管の公益法人として、「建築用コンクリートブロックの製造及びコンクリートブロック造建築物の新しい構造設計について調査研究等を行うことにより、コンクリートブロックの普及を図り、もって我が国産業と国民生活の向上に寄与する」ことを目的に、名称も社団法人全国建築コンクリートブロック工業会と改称して設立認可されて活動して参りました。
この度、国による公益法人改革の一環として平成24年4月1日付で一般社団法人全国建築コンクリートブロック工業会として新たにスタートいたしました。


  活動内容

 
1. 米国NCMA協会と協力し、毎年MASONRY EXPOに海外研修代表団を派遣し協会との親睦を行う。

第18回
2012年2月28日(火)〜3月5日(月)

デトロイト〜オーランド〜アトランタ
 
第17回
2011年1月17日〜1月23日

サンフランシスコ〜ラスベガス〜フェニックス
 
第16回
2010年4月19日〜4月26日

ドイツ〜デンマーク〜スウェーデン
アイスランド火山噴火のため中止
 
第15回
2009年2月26日〜3月4日

インディアナポリス〜シカゴ>
〜フェニックス
 
第14回
2008年2月7日〜2月13日

デンバー〜フェニックス
〜サンフランシスコ
 
第13回
2007年2月20日〜2月26日

ワシントン〜オーランド

 
第12回
2006年2月21日〜2月27日

フェニックス〜アナハイム
〜ロサンゼルス
 
第11回
2005年2月11日〜2月17日

インディアナポリス〜フェニックス
〜ロサンゼルス
 
第10回
2004年2月6日〜2月13日

アトランタ〜フェニックス
〜ラスベガス
   
第9回
2003年2月21日〜2月27日

ソルトレークシティ〜フェニックス
〜ラスベガス
   
第8回
2002年2月8日〜2月14日

カンサスシティ〜フェニックス
〜ロサンゼルス
 
第7回
2001年1月24日〜1月30日

フェニックス〜サンアントニオ
〜ロサンゼルス

2.
.
年2回会員の研修を目的として、講演会を開催
 
 
2012年5月
「東日本大震災に関連して」
東京理科大学名誉教授  重倉祐光 氏
小山工業高等専門学校建築学科准教授 川上勝弥 氏
 
「外断熱ブロック造建築物事例報告」
@h+A日比野建築計画室 代表 日比野英俊 氏
A太陽セメント工業(株)
代表取締役 石井克侑 氏
B(株)よねざわ工業
代表取締役 米澤 稔 氏
  
2011年11月
「東日本大震災を始めとする災害を受けてコンクリートブロック業界がなすべきこと」
日本建築学会災害委員会
古賀一八 氏
 
「脱原発時代の省エネルギー住宅・コンクリートブロックと外断熱」
御茶の水女子大学
 名誉教授 田中辰明 氏
 
2011年5月
 特定非営利活動法人 
 外断熱推進会議 
 事務局長 堀内正純氏
 「これからのブロック建築
 パッシブハウスとは」
 
 小山工業高等専門学校 
 建築学科准教授 
 川上勝弥氏
 「東北地方太平洋地震における
 ブロック 塀等の被害調査」
 
2010年11月
 株式会社タカショー 
 代表取締役 
 高岡伸夫氏
 「高岡伸夫が描く
 ガーデンエクステリアの未来と可能性」
 
 北海道工業大学
 空間創造学部建築学科教授 
 鈴木憲三氏
 「外断熱の穏やかなブロック造住宅」
 
2010年 5月
 小山工業高等専門学校
 建築学科准教授
 川上勝弥氏
 「人に優しいコンクリート製品
 を目指して〜建築コンクリート
 ブロックの活路〜」
 
2009年 11月
 北海道立北方建築総合研究所
 環境科学部 
 部長 福島明氏
 「外断熱工法によるブロック造の
 住環境」
 
 (株)草樹舎 
 代表取締役 須長一繁氏
 「室内から庭へ、
 ライフスタイルを楽しむ空間作り」
 
2009年 5月
 (株)桂機械製作所 代表取締役
 黒ア浩行氏
 「日本のコンクリートブロック業界
 について」
 
 (株)タイガーマシン製作所
 代表取締役
 北原哲五郎氏
 「北米の市場動向と
 協会活動について」
 
2008年 5月
 職業大 建築システム工学科 講師
 三田紀行氏
 「これからの
 メーソンリー技能者の育成」
 
2008年11月
 東京大学 特任教授
 進藤勇治氏
 「環境問題と資源リサイクル」
 
第10回07年
 パネルディスカッション
 横川昇二氏(横川環境デザイン事務所代表)、
 吉田克巳氏(吉田造園設計工房代表)、
 小林徹氏(エ コ・グリーン設計代表)、
 伊勢剛二氏(東洋工業滑驩諠fザイン室長)
 の4氏と
 コーディネーター 葛ヲ報代表  金井徹氏
 「コンクリートブロックの置かれている
 環境と将来」
 
2006年
 エクスプランニング 代表
 古橋宣昌氏
 「エクステリアデザインにおける
 コンクリートブロックの方向性を探る」
 
 前橋工科大学大学院 教授
 樫野紀元氏
 「歴史的景観を活かしたまちづくり
 −望まれる外構計画」
 
2005年
 静岡産業大学学長
 大坪壇氏
 「変化の時代の企業戦略」
 
2004年
 近畿大学教授
 在永末徳氏
 「新しい鉄筋コンクリート組積造の
 動向」
 
  2003年
 小山工業高等専門学校助教授
 川上勝弥氏
 「あんしんなブロック塀をめざして」
 
  2002年
 (元)ソニー企業社長
 黒木靖夫氏
 「これからの中小企業のあり方
 -モノづくりの原点を考える-」
 
  2001年
 E&Gアカデミー東京校学長
 猪狩達夫氏
 「新しい民家づくりを目指して」
 
  2000年
 (株)アーブ建築研究所 圓山彬雄氏
 「コンクリートブロックの
       魅力を活かして」
 
  1999年
 米ジョーンズ・スタジオ
 「コンクリートメーソンリー住宅の
 魅力」  (100年住宅を目指す)
 
1998年
 NCMA会長 マーク・B・ホーガン氏
 「21世紀の魅力ある住まいづくり」

3. 日本工業規格JIS A 5406(建築用コンクリートブロック)の制定・見直しを中心となって活動。

4. 建築学会等と共同でブロックに関する施工・設計に関する出版物を制作発行。

5. 機関誌JCBAを年4回発行
 ブロックに関する論文・設計資料・行政連絡等のあらゆる情報を掲載。

6. 建築コンクリートブロックカレンダーの制作
 多数の写真を建築、エクステリア、ブロック舗装のジャンルで掲載

7. 内外の関係諸団体との連絡、提携、協力に委員を派遣し、情報の収集や関係強化に努めている。
 関連団体:日本建築学会、建材試験センター、中央職業能力開発協会、厚生労働省、日本建築ブロックエクステリア工事業協会、北海道メーソンリー協会など


  組織図

  組織図


  「国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について(公表)

平成21年1月28日
社団法人 全国建築コンクリートブロック工業会
 

当法人は、国家公務員法等の一部を改正する法律(平成19年法律第108号。以下「改正法」という。)による改正後の国家公務員法(昭和22年法律第120号。以下「改正国公法」という。)第106条の24第1項第4号及び改正法附則第12条並びに独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第54条の2第1項において準用する改正国公法第106条の24第1項第4号及び改正法附則第10条において準用する改正法附則第12条、職員の退職管理に関する政令(平成20年政令第389号)第32条及び附則第4条、特定独立行政法人の役員の退職管理に関する政令(平成20年政令第390号)第18条及び附則第3条、職員の退職管理に関する内閣府令(平成20年内閣府令第83号)第9条及び附則第3条、並びに特定独立行政法人の役員の退職管理に関する内閣府令(平成20年内閣府令第84号)第8条及び附則第3条の諸規定に規定する「国と特に密接な関係がある」特例民法法人に該当しないので、その旨公表いたします。

   
[本件連絡先]一般社団法人全国建築コンクリートブロック工業会
電話 :03−3851−1076
FAX:03−3851−1073
電子メール:info@jcba-jp.com

 

インフォメーション一般社団法人 全国建築コンクリートブロック工業会 

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-17-4 五味淵ビル
TEL03-3851-1077 FAX03-3851-1073 E=MAILinfo@jcba-jp.com



back