TOPICS
 
  大阪北部地震を受けて
  大阪府北部を中心に発生した地震において、亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます、また被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
今回の震災では高槻市内の小学校施設においてブロック塀が倒壊し、通学途中の児童が亡くなるという心痛ましい事故が発生してしまいました。
現在、警察をはじめとする関係者による原因調査が行われておりますが、明らかなのは違法構造物であり、その点は管理する高槻市教育委員会も認めるところであります。
建築用コンクリートブロックの構造物については、建築基準法をはじめとする基準や、日本建築学会による設計・施工規準でその構造や施工方法が厳格に定められており、こうした基準(規準)に準拠した設計・施工が行われていれば、今回のような悲惨な結果にならなかったと信じております。
当工業会では、正しい施工を推進するため「ブロック建築技能士」の普及・啓蒙をはじめ、施工者団体である「公益社団法人日本エクステリア建設業協会」とも協力して安全・安心なブロック施工に向けて今後も邁進していきたいと考えております。
被災地では今もって余震が続いており、不安な中、避難されている方も多いかと思いますが、一日も早い復興と平穏な生活が戻りますことを心よりお祈り申し上げます。
   早々
    平成30年6月22日
一般社団法人 全国建築コンクリートブロック工業会
   会長  裄V 佳雄
   
 
  熊本地震発生に関してのお見舞い
  会員各位

前略 
 この度の4月14日午後9時26分に震度7さらに16日午前1時25分に震度6強と熊本県を中心に九州地区で発生した神戸大震災に匹敵する大地震は、多くの町を壊滅させ、多くの人命を奪い去るなど、計り知れない被害の傷跡を残しました。さらに土砂災害にも見舞われ、地域社会を壊滅させる危険性を帯びて、今なお救済に向けた努力の最中であり、早期に解決することを願わずにはいられません。
 この天災に被災された会員企業の皆様、ご家族の皆様そして関係者の方々には、心からのお見舞いを申し上げます。報道によりますとまだ大きな余震が続いているようですが、さぞ不安な時を過ごしておられることとお察し申し上げます。これからの復旧には大変なご苦労があるかと存じますが、当工業会として何かお役に立つことがあれば何なりとお申し付けください。そして一日も早く営業再開され順調な操業が出来ますよう、心からお祈り申し上げます。
 はなはだ略儀ながら、書中をもちましてお見舞い申し上げます。 
   早々
    平成28年4月18日
一般社団法人 全国建築コンクリートブロック工業会
   会長  裄V 佳雄
   
  一般社団法人全国建築コンクリートブロック工業会として平成24年4月1日より移行いたしました。

当工業会は昭和62年11月に現経済産業省・現国土交通省の共管公益法人として25年間、建築用コンクリートブロックの製造並びにブロック造建築物の新しい構造設計について調査研究等を行うことにより、コンクリートブロックの普及に努めて参りました。この度の国による公益法人改革の一環として当工業会では総会議決を経て、平成24年4月1日をもって一般社団法人全国建築コンクリートブロック工業会として新たなスタートを切ることとなりました。
今まで旧法人に賜りましたご支援とご協力に感謝申し上げますとともに新法人に対し、今後とも変わらぬご支援とご鞭撻を心よりお願い申し上げる次第です。
平成24年4月1日
一般社団法人全国建築コンクリートブロック工業会
 
  創立60年記念事業に向け準備委員会を設け、6月より開始する予定。
 
  製品普及委員会で東北太平洋沖地震のブロック塀被害を調査し、報告書をCDにて作成。

会員をはじめ関係団体、官公庁、ハウスメーカー、設計事務所、施工店等へ配布中。
 CD資料のご要望は工業会事務局まで пF03-3851-1076
 
  人材育成委員会でブロック建築技能士検定用テキストを検討作成中。
 
 
  構工法研究委員会
 
1)学会規準の活用や、その適用範囲を超えた部分の技術的開発。
2)CB造建築+外断熱工法の研究開発と普及促進。
3)CB造の活用拡大を図る上で、必要な推進すべき事業を検討する。
 
  秋期講演会を11月15日(木)に創立60年記念事業と併せて開催予定。

  
  ホームページにあんしんなブロック塀を作るためのガイドブックを掲載。
 
建築主編と設計者編の2種類を載せ、よりわかりやすく解説してあります。
 


back